住宅収納スペシャリストになりました!

更新日:

こんにちは。住まいのおせっかい家です。

住宅収納スペシャリストの認定証が届きました。

住宅収納スペシャリストとは、「心地よい住まいづくりを提案するために、住まい手のモノの持ち方・暮らし方に合わせた収納提案ができる人」です。

(参考:住宅収納スペシャリスト認定講座テキストより)

 

建物」の事は、構造や、間取り、キッチンやバスルームなどの設備、壁紙やタイル床材などの素材など、色々と情報もあります。

それを、自分好みに選択したら、心地よい暮らしになるのでしょうか。

同じ建物でも、住む「」によって、暮らし方も、持っているモノの量や種類も違います。

「住まい」は生活をする場所です。

どんなにすてきな「建物」でも、そこに住む「人」にとって、暮らしにくかったら、心地よい「住まい」とは言えないですね。

暮らしやすさは、年齢や、家族構成とともにも変化します。

モノの量や、用途も変化するからです。

 

おせっかい家が目指している、安心して住み続ける住まいを提案すること。

住宅収納スペシャリストは、まさにそんな資格です。

建築士も、インテリアコーディネーターも、「建物」に対する資格です。

福祉住環境コーディネーターは、介護的な側面から「建物」が「人」に出来る事を提案する資格です。

整理収納アドバイザーは、「モノ」を整理して収納する資格です。

どの資格も重要なのですが、「住まい」に重点を置いた資格ではありませんでした。

 

・リビングを広くしたけれど、窓や、扉があって収納家具が全然置けない。

・掃除機をそのまま収納出来ないので、あまり使わない和室に出しっぱなしで置いている。

・大きなウォークインクローゼットを作ったけれど、使いこなせない。

どれも、住む「人」が持っている「モノ」に対して、「建物」の収納が合っていないのが、問題です。

お客様の要望を形にするだけでなく、見えない要望を引き出す力が必要だと思います。

住宅収納スペシャリストの講座カリキュラムでは、「お客様の要望を聴く力・把握する力」に対しても学びます。

具体的な内容も多く、とても勉強になりました。

 

この講座に参加して、

住まいの中心である女性としての目線、

家事や子育てを経験した主婦としての目線、

親の高齢化や介護に対しての目線、

おせっかい家が大切だと思っている事を、同じように重要だと考える方がいるというのが、一番心強い気持ちになりました。

 

住宅収納スペシャリストは、「本当にお客様の為になる提案が出来るようになるには。」という気持ちが原点にあると思います。

建物そのものではなく、そこに住む人の暮らしを重視する事が重要だと、再認識しました。

icon-arrow-circle-down おせっかい家が気になったら・・・


おせっかい家のプロフィールを見る  プロフィール

  おせっかい家の仕事を見る  おせっかい家の仕事

  おせっかい家にお問い合わせ  お問い合わせ

  おせっかい家のブログを見る  おせっかい家ブログ

 

おすすめ記事

-おせっかい家について
-, , , , ,

Copyright© 住まいのおせっかい家 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.