己書

2月の己書 綾西バザール幸座 Vol.2

めだかの楽校

2回目の綾西バザール幸座。

前回体験した方が誰も継続しなかったらショックかもと不安に思う間もなく、次回もやりたいと参加してくれました。

2回目は、ひらがなから漢字になります。

まずは基本の「感謝」これが描けると、急に幅が広がります。

久しぶりで、どんな風に書くのか忘れたりもしてますがゆっくり思い出しながら、逆書きをしたりぐるぐるを組み合わせたり。

己書では文字と文字の間をぎゅーっと詰めて描きます。ぎゅっとするのがコツなんです。

そこが今までの書の常識と違うところ。

隣の行との間隔を開けて余白をとってしまうのが通常ですが、己書ではそこは隙間なく書くんです。

生徒さんは、ぎゅっとするのをやってもなかなか思う通りにならず、すごい集中。

「息してますかぁー」と聞くと、「息止めてました。」と答えが返ってきて大爆笑。

まさに全集中と大爆笑が交互の時間でした。

最初にお題を見た時には、「こんなの無理ぃ」とか「4枚も描くのぉ?」と弱腰だった生徒さんですが、最後まで全員時間内に描き終えましたよ。

さぁ、お楽しみのランチタイム。

今回はミートソースパスタにしてみました。

濃厚なミートソースともっちりパスタが絡んでボリュームたっぷり。

美味しかったですよ。

午後は、チラシを見たと電話でお問合せがあった方が来てくれました。

今まで参加してくれた方は、己書道場を始める前から交流のあった方。

半分お付き合いも含めて参加してくれた方もいます。

それもありがたいことですが、おせっかい家を何も知らない方が参加したくなってくれたのでドキドキでした。

「楽しかった」と言ってもらえてほっとしましたよ。

午後も継続して参加してくれた生徒さんは、お地蔵さんに挑戦してくれました。

「ちゃんと描けるようになるのかしら」なんて不安はどこへやら。

あっという間に、コツを掴んでかわいいお地蔵さんを仕上げてくれました。


この達成感と満足感がたまらない魅力なんでしょうね。

皆さん、とってもいい笑顔です。

生徒さんの作品

  • この記事を書いた人

おせっかい家

住まいと己書で心を整える女性の味方100%の建築士。 モットーは『楽しくおいしくにぎやかに』 ■住まいのおせっかい家代表■おせっかい家己書道場主■あやせ盛り上げ隊隊長■神奈川県の真ん中綾瀬市在住

-己書
-