はじめまして。

住まいのおせっかい家です。

おせっかい家と書いて、”おせっかいや”と読みます。

住まいの細かい部分まで"おせっかい"するので、住まいのおせっかい家と名付けました。

住まいのおせっかい家のロゴマーク

おせっかいくん

建築に詳しいお友達がいたら、

リフォームをどこに頼んだらいいのか、

工事代金が高くないかなど相談したいですよね。

そんな、住まいの相談をする場所 が、住まいのおせっかい家です。


建築業界は基本的に男社会。

営業マンも男性が多いし、工事に来る職人さんも、
ほとんど男性

昼間女性が一人のところに、男性が自宅に来て、打合せしたり工事したりすることが、ほとんど。

ちょっと、尻込みするような気持ちがあるかもしれません。

 女性の味方  

家に一番長くいるのは女性。

買い物して帰った時の荷物の事。

洗濯物を干して取り入れるなどの家事動線。

夜トイレに起きた時の寝室からの動線。

そんな色々と細かい気持ちを分かってもらうのは、難しいかもしれません。

出来ないのかなって諦めたり、予算がないから仕方ないって思ったり。

だけど、毎日過ごす我が家だからこそ、快適にしたいですよね。


だから、おせっかい家は、女性の味方になりたい。

男社会の建築業界でも、物怖じしないおせっかい家は、あなたの気持ちを代弁します。

ひとつでも、当てはまった方には、おすすめです。

☑どこに相談したらいいか分からない。

☑男の人が、家に来るのが苦手。

☑営業の人を、断る自信がない。

☑予算には限りがある。

相談をする場所です

住まいの困ったことがあるときに、誰に何を相談したらいいのか、悩んだりしませんか。

建築のこと、不動産のこと、介護のこと、収納のこと、相続のこと。

おせっかい家は、色々な知識と経験があるので、まだぼんやりとしているお客様のご希望を一緒に整理する事が出来ます。

例えば、今のお住まいが古くなってきて、メンテナンスするか、リフォームするのか、住み替えるのか悩んでいるような時でも、おせっかい家になら、ご相談出来ます。

無理に、工事を勧める事もありません。

どこに相談したらいいか、分からなくなったら、おせっかい家に相談してください。

何のしがらみもなく相談出来ます。

今、どこかに依頼している場合でも、おせっかい家に相談することは、出来ます。

ご相談料金など詳しい内容はこちら

おせっかい家は女性です

二人の娘の子育てを経験してきた女性です。

夜中の授乳、お昼寝の場所、インフルエンザになった時の看病など経験したからこそ共感出来る事があります。

保育園に子供を預けて、仕事も続けてきました。

慌ただしい朝の保育園の用意、お迎えあとからの買い物と夕飯作り、両親との関係なども共感出来ます。

家族に家事も協力してもらってきました。

共有しやすい家事導線や収納、子供・夫の物の自己管理なども試行錯誤してきました。

実家の片付けもして、売却もしました。

親の介護、実家の片付け、入退院の付き添いや介護施設探しも、ひととおり経験済です。

女性だからこそ、男性には想像しにくい事も共感出来ます。

おせっかい家のプロフィールはこちら

営業はしません

おせっかい家は、建築工事はしません。

おせっかい家は、リフォーム工事などができません。

だから、工事をおせっかい家でして下さいという営業はしません。

おせっかい家には、住まいの困った事でご相談が出来ます。

リフォームなどの工事会社をご紹介する場合もありますが、工事会社から紹介料は頂きません。

その分、お客様に還元してもらいたいと思っています。

おせっかい家は、お客様からご相談料を頂くだけです。

だから、違う工事会社に頼むのも、お客様の自由です。

予算は重要です

予算には限りがあります。

生きていくうえで、住まいは重要ですが、他にもお金がかかることはたくさんあります。

全体のバランスを考えて、住まいにかける予算を一緒に考えることが出来ます。

建築工事だけにだけ、予算をかけて欲しいとは考えません。

お客様の人生で大切なものを優先しながら、住み慣れた家で健康に暮らせるようにお手伝いします。

  おせっかい家が気になったら・・・

HOMEに戻る


更新日:

Copyright© 住まいのおせっかい家 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.