己書

34期も己書師範試験に全員合格

やりました。

32期の3人に続き、34期の師範試験を受けた7人全員合格しました。

本当に頑張りました。

先に合格した姉弟子さんたちのパワーに圧倒されながらも、その背中を必死についていきましたよ。

みんなの熱量がどんどんあがっていき、ついていくのが大変。

5月の試験は間に合わないと思っていた生徒さんも一日に3コマ受けたりして頑張って間に合いました。

32期の師範組の影響はほんとうに大きかったですね。

己書師範試験に全員合格

ありがたいことに、師範試験にのぞんだ3人全員合格しました。 本当におめでとうございます。 まさか、おせっかい家己書道場を始めて1年もしないで師範になる生徒さんがいるとは、想像もしていませんでした。 自 ...

そして我が師匠、平井先生の出張幸座もエネルギーがどんどんアップしました。

まさか、本当にわざわざ出張してくれるとは思ってもいなくて。

師範になると私からプレゼントしている平井師匠の本に、1冊ずつ直接メッセージを描いてもらったのもやる気アップに繋がりましたね。

ナマで筆の動きなどを見せてもらって、おぉ~と感嘆の声が。

感謝、感謝、感謝の己書幸座

おせっかい家己書道場の聖地でもあるTSUKI CAFEさんを貸し切って己書特別幸座が開催されました。 なんと、なんと我が師匠、平井先生がおせっかい家己書道場にやって来たのです。 パワフルでエネルギーが ...

人数も多い分、説明のもれがないのかなど気にしながらの日々でしたから、全員の合格が確認できた時は本当にほっとしました。

こんなに素敵な生徒さんが最後までついてきてくれたことに本当に感謝しています。

応援してくれた生徒のご家族や、おせっかい家己書道場の仲間たちにも心から感謝です。

34期の師範組のご紹介をします。

みんな師範になったのっで、そのみっちのように「〇〇っち」と呼んでますよ。

初幸座開催から参加していた きぬっち

初参加は2021年1月28日綾西バザール幸座(今は綾西めだかの楽校幸座)

32期師範組のきょうみっちとそのみっちと一緒の日です。

その日は、おせっかい家己書道場が喫茶めだかの楽校さんで初の幸座を開く日。

師範になる前から、「めぐちゃんが頑張ろうと思うなら応援するよ」と言って初回から来てくれたのです。

最初は月に1回のんびり通えばいいって感じだったけれど、途中月に1回じゃ物足りないって言いだしたところから急展開。

そのころ師範目指し組だったそのみっちとけいこっちのプライベート幸座の前にTSUKI CAFEさんで参加したあの日。

二人と一緒に、もう1コマ受けたいと頑張ったのです。

2幸座続けても初体験だったのに、お題はなんと「近江商人十訓

字がいっぱいで目が回るような気持ちになりながら、なんとか必死に描き上げた後の達成感。

回数増やしたりしてるうちに余裕で20才に。(いわゆる4級合格)

「あれっ、師範試験受けられるのかな」と口に出してからは、急にスイッチ入ってやる気に。

昇級試験も本当に頑張ってました。

必死に描いているうちに、どんどん腕が上がっていって90分の時間内に色々なハード系のお題もクリア。

師範試験も見事合格しました。

道場を開くつもりはないなんて言ってるけれど、どんどん己書の作品をプレゼントしているのです。

名刺の裏にも「出逢いに感謝」と1枚1枚手描きで描いてどんどん配ってるらしい。

友人のお店でちょこっと教えてなんてお願いにこたえているうちに、どんどん幸座開いてそうです。

出逢いはsometimeさんの しののっち

初参加は2021年3月25日綾西バザール幸座(今は綾西めだかの楽校幸座)

出逢ったのは、おせっかい家が師範になる直前のsometimeさんでのランチ会。

厚木のメンバーがさがみ野まで来るよというのに便乗して、肉食べたさに無理やり合流した時に出逢ったのです。

だからお肉のご縁

チラシも何もなかったけれど、筆ペンは持っていたのでお店のナフキンに「感謝」を描いたのを見てたらビビビッときちゃったらしい。

今でもその紙ナフキン持ってるらしい・・・。

特に己書幸座のお誘いをしなかったので、ちょっと始まってからSNSの投稿に気づいてくれて参加してくれることに。

最初からめちゃくちゃ楽しんでくれて師範になる宣言

ゆっくり無理ない範囲でって感じだったけれど、あとから始めた友達が先に進むのを見てたらやる気スイッチが発動。

時間をやりくりして他の幸座にも参加できるように調整したり本気に。

平井先生の特別幸座を受けたあたりから、また一段と変化が。

己に向き合う書という部分では、本当にしっかり対面して深いところに響いたようです。

己書で描く言葉って、とても深いものもたくさん。

いい言葉とお地蔵さんを描いてるだけでなんだか癒される。

なんども山を越えて師範試験に見事合格しました。

道場の開催場所候補も見つけているので、すぐに師範として活動する予定です。

もう2か所は開催場所として声が掛かっているようですよ。

生徒でいるより師範となって輝きも増すのが手に取るように感じます。

そのみっちに影響受けた りかっち

初参加は2021年4月10日寺尾いば処幸座

3月から始まったいば処の幸座に興味を持ってくれて、幸座回数を増やしたところで参加してくれました。

色々とお仕事や習い事など活動的なので、最初は月に1度空いていたら参加するというくらいの雰囲気。

転機はそのみっちとけいこっちのTSUKI CAFEプライベート幸座に参加した7月。

あやせ朝活などで面識のあったそのみっちが1年もしないうちにアメリカにいってしまうので、「会いたいな」という理由での参加。

当時、師範目指し組として頑張っていた二人の空気感に影響を受けて急遽連続で幸座を受けました。

そこからどんどん本気になってハマってくれました。

己書幸座を開催できそうな場所が見つかると急に現実化したようで、熱心に幸座に参加。

試験勉強にもしっかり真面目に取り組んで準備もばっちり。

なんども練習していたのに本番は緊張で手が震えたそうですが、もちろん見事合格しました。

交友範囲が本当に広く、色々な人が己書に興味を持ってくれているようです。

SNSの使い方なども勉強しているので、己書を知ってもらう活動としては完璧。

あとは1歩を踏み出すだけですね。

急にやる気になった ようこっち

初参加は2021年4月10日の寺尾いば処幸座

りかっちと一緒の時間で、場所が分からず迷って大変だったんですよ。

そこからは、伊勢原3彩みかまんま幸座をメインに通ってくれていましたが、お仕事の予定が入ったりとちょっと空いてましたね。

転機は10月に再開したみんなの広場大市に遊びに来てくれたところから。

それまでじっくりお話したことはなかったのですが、ブロック解除をしてすごいスッキリを味わってから己書もやる気に。

そこから師範目指すと決めてからはすごかったです。

1日に3幸座連続もあったし、とにかくちょっとでも時間があれば幸座に来る勢い。

やると決めたら徹底的という感じで師範試験も見事合格しました。

自宅でサロンもやっているので開催場所は問題なし。

交友関係も広く、お友達が道場開設を待っていてくれるのですぐに活躍間違いなしですね。

月3回通ってるうちにその気になった とみっち

初参加は2021年4月22日の綾西バザール幸座(今は綾西めだかの楽校幸座)

お友達であるきょうみっち師範からのご紹介でご夫婦で体験してくれました。

己書をすぐに気に入ってくれて6月からは、海老名TSUKI CAFE幸座深谷KaZe幸座の月3回も継続参加してくれています。

そのスピード感に、一緒に参加している生徒さんもペースアップしてしまうほど。

毎回、描き切れなかった分はその日のうちに宿題を終わらせるほど真面目に取り組んでくれました。

紹介してくれたきょうみっちが師範になった秋頃から、なんとなく師範になるのを意識し始めていました。

なんせ月3回も通っているので自然に師範試験受けられるほどの回数になっていたのです。

やると決めてからは、90分で描き上げられるように練習をしっかりしてきてメキメキと音がするくらい腕が上がっていきました。

苦手だった携帯操作なども克服して、師範試験も見事合格しました。

頑張ってきた証として師範になりたいとのことです。

総師範の幸座を一緒に受けたり楽しい時間が待ってますよ。

道場を開かなくても、師範だからこそ楽しめることもたくさんあります。

塩対応にもめげなかった くろーばっち

初参加は2021年5月11日の伊勢原3彩みかまんま幸座

Facebookのイベントページから、申込みをしてくれたのですが気が付かずに「なんで来たの」と初回から塩対応。

これは、もう来ないだろうなと思っていたのですがご利益ランチのおいしさにハマってくれました。

2回目の参加からは午後の幸座にも参加してくれて、一気に己書にもはまってくれましたね。

毎月2回ずつからペースを上げたのは他のランチも食べてみたいとsometimeさんに来たところから。

色々な幸座を受けにあっちこっち来てくれてるうちに、いつのまにか師範目指し組として本気に。

TSUKI CAFEさんで3幸座連続で受けたりしながらペースを上げていったら独走状態。

1級試験は1月末に合格して1番乗りでした。

逆に師範試験前は余裕がありすぎて、のんびりしすぎたと4日前に焦っていましたが見事合格しました。

トールペイントの先生として長年お教室もしているので、幸座開催はきっと余裕ですね。

師範試験前から、やりたいと言ってくださる方がいるそうですよ。

これからますます楽しみです。

趣味ができたと喜んでる おおしろっち

初参加は2021年5月12日の海老名TSUKI CAFE幸座

そのみっちとのプライベート幸座の場所にお借りしたご縁からTSUKI CAFEさん。

その最初の新月イベントでの己書体験会に参加してくれたのは、なんとオーナーなんです。

「ちょっと興味があるからカフェで己書幸座をしてくれたら参加できる」と定期開催もすんなり決まり、こちらの方がありがたい気持ちでした。

最初は月に1回の参加。

32期の師範組の毎週のようなプライベート幸座や試験会場としても協力してもらいありがたい限りでした。

師範組が落ち着いたころから、月に2回やりたいと朝1からのプライベート幸座を増やして開催。

ゆっくり師範を目指すのかと思っていたら、急に年末までに4級になりたいとやる気スイッチがカチッと入ってからはすごかったです。

お店を休みにして1日に4幸座連続なんて新記録まで達成してしまいました。

カフェの展示にも己書をオリジナルで描いているくらい筆を持っている日々。

季節の作品も描いているのが楽しいそうです。

時間を作って練習して師範試験も見事合格しました。

夢だった自分のカフェでの己書幸座をこんなに早く達成してしまうなんて。

本当に居心地いいスペースでおいしいランチやスイーツもあるので、もう無敵ですね。

きっと大繁盛間違いなしです。

  • この記事を書いた人

おせっかい家

住まいと己書で心を整える女性の味方100%の建築士。 モットーは『楽しくおいしくにぎやかに』 ■住まいのおせっかい家代表■おせっかい家己書道場主■あやせ盛り上げ隊隊長■神奈川県の真ん中綾瀬市在住

-己書
-,