己書

1月の己書 海老名TSUKICAFE幸座 Vol.8

毎月第1水曜は海老名TSUKICAFE幸座ですが、今月はお正月明けた第2水曜日に開催。

先日の平井先生特別幸座の会場ですから、なんかエネルギーの余韻が残っているのかと思うくらい、今回もわくわく爆笑いっぱいでしたよ。

己書幸座の様子

TSUKICAFEさんでは少人数の幸座なので回数が必然的に多くなり、朝9時から閉店までずっといることが多いのですが、今月も変わらず住んでました。

ずっといたのにあっという間の1日でしたね。

急遽参加することになった新師範や、師範目指し組から始めたばかりの方までお互い刺激を受けあう時間。

2級プレで初めて龍にチャレンジするのでも、気持ちがすんなり取り組めてましたね。

「難しい」というチャリーンワードは少なくなり、前向きな言葉が増えてきた証拠。

という割には、今日もチャリーンくんにコインが入っていきました。

今年は取り締まりを厳しくしましたからね。

師範組や師範目指し組は、自分から言葉を変えていかないと。

今年から百人一首に挑戦する人も現れましたよ。

まだ、自分がコンプリートしてないので早く描きあげないと生徒さんが追い上げて来ます。

こんな嬉しい悲鳴をあげながらも、自分が描いたお題を描いてくれる生徒さんがいることの幸せをひしひしと感じています。

ありがたいですね。

そして、己書ってほんとに「己」が出ちゃうんだなと実感するようなことがありました。

あまりに円相が整いすぎて、もう何も言うことないくらいに描けた生徒さん。

心が整っているなぁとしみじみ感じて、「良い年末年始を過ごされたんですね」と声を掛けたら、心当たりがあることが。

もうね、ビックリ大爆笑でしたよ。

そして、己書だけでなく色々悩みが重なってもやもやしていた生徒さん。

自分らしい字を取り戻したら、心までスッキリ整っちゃうんです。

さっきまでのあの勢いのない字は何だったのというくらい、振り切った伸び伸びとした己書作品。

いい子ちゃんでいなきゃという気持ちが、萎縮した字になって現れていたんですね。

そんなことまで出てきちゃうのが不思議過ぎて、またまた大爆笑

おせっかい家己書道場に集まる生徒さんは、変態って言われると喜んでしまう本気の変態

今までこうしなきゃという枠に窮屈でも頑張って入っていたけれど、自分らしくていいんだと思えてどんどん殻を破っていく人ばかり。

そして、そんな仲間の存在がまた影響しあうというすごい相乗効果。

何言ってるか分からないかもしれませんが、うちの生徒さんなら首がもげるほど頷いてるはずです。

お楽しみの時間

さぁ、お昼は今年初のTSUKI膳です。

色々なお野菜メインのお惣菜があって、目移りしちゃいますよ。

どれもおいしくて、ぐるぐる回りながら食べてる時間は幸せの時間。

毎週同じでも飽きない味なんですよね。

結局、いつも頼んでしまうので「あーこれこれ」と細胞が喜んでる。

そして、今回は幸座のあとにデザートもオーダー。

LINEの使い方や、Zoomの設定の仕方などの質問に答えていたので。

イチゴパフェを頼んでみました。

映えスポットを探して店内をうろうろして、お正月飾りと一緒にめでたい雰囲気でパチリ。

紅白のパフェじゃないですか。これはめでたい。

甘酸っぱくて、迎春という気分になりましたよ。

生徒さんの己書作品

いきなりの龍もなんなく描きあげてステキな作品に。

お釈迦様がなぜか色っぽくなってしまい、またまたそのネタで大爆笑。

とうとう始まった百人一首シリーズ。

90分で、全部練習してから清書まで8枚やり遂げました。

筆も使い分けて、全く違う雰囲気の文字も描き分けてて感動。

試験お題とは違うけれど、32期師範組も描いたお題。

もちろん、おせっかい家も師範試験前に描きました。

お題の拡大解釈もうまくいき、字の強弱もしっかり捉えられていてお見事。

水彩絵の具の使い方がぐぅんと腕が上がって、迫力ある雲が描けました。

お釈迦様が最初は裸だったのだけど、爆笑しながらうまくごまかせました。

帳尻合わせるのも大事なポイント。

練習を2回するとしんどいことが分かり、後半はすごい集中力で1回練習、1回清書で描き上げました。

もう、自分が描いたのと区別がつかない。

よく見て筆の使い方もマスターしてしまいました。

最初から行間をぎゅっと詰めて描けていてビックリ。

色を使った作品を楽しんで描いてくれました。

急遽、予定にはなかったけれど午後の幸座も受けて字がたっぷりのお題にチャレンジ。

行間の詰め方を、描きながら見せたらすぐに出来るようになってしまい、その変化にもう一同ビックリ。

楽しく描けているのが作品からも伝わってきます。

一度清書出来たけれど、もっと行間詰めて伸び伸び描けるはずとあおったら素直に描いた作品。

堂々とした味のある作品になり、表情まで柔らかくなりました。

海老名TSUKI CAFE幸座のご案内

海老名の国分寺台商店街にあるTSUKI CAFEさんでの幸座。

カフェで過ごす方の居心地にこだわった素敵な場所。

季節のお野菜が色々なアレンジされた小鉢がいっぱいのTSUKI膳ランチや、ひとつひとつカフェで手作りしている種類豊富なケーキ、月齢に合わせた紅茶から珈琲など盛りだくさん。

オーナーさんは数秘術が出来るのでそちらもおすすめですよ。

場所

海老名市国分寺台2-12-2 

TSUKI CAFE 無料駐車場あり

小田急線 海老名駅より相鉄バス8分「国分寺台第6」バス停徒歩1分

日時

毎月第1水曜日 

①9:00~10:30 ②10:30~12:00

料金

1回 2,200円(初回は1,100円)
  +ワンオーダー制

申込み

己書専用電話050-5374-2461 またはおせっかい家LINE公式へ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LINE-Official-Account_logo.jpg
住まいのおせっかい家公式LINE

前回の様子

12月の己書 海老名TSUKI CAFE幸座 Vol.7

毎月第1水曜日は、海老名TSUKI CAFE幸座です。 最初は午前のみの定期幸座でしたが、それだけではおさまらずに午後も開催しています。 今回は、32期の師範試験に合格したばかりの生徒さんが千葉から来 ...

他の己書幸座の様子

  • この記事を書いた人

おせっかい家

住まいと己書で心を整える女性の味方100%の建築士。 モットーは『楽しくおいしくにぎやかに』 ■住まいのおせっかい家代表■おせっかい家己書道場主■あやせ盛り上げ隊隊長■神奈川県の真ん中綾瀬市在住

-己書
-,